千葉県松戸市で職場でのトラブル相談、子育てと仕事の両立相談、役所への同行なら山本綾子社会保険労務士事務所

山本綾子社会保険労務士事務所

お問い合わせ

営業時間10:00~18:00

定休日日・祝(メールでのお問合せはいつでも可能です)

ブログ

労働条件は書面で明示が義務です

いつも思うんですけど、

 

就職活動って、お見合いにしてますよね。

お見合いの経験はないんですけどね。

 

お互い「この人と一緒になったらうまくいくのかな?キョロキョロ

というのを探り合う!感じが似てるかと。

 

「どれくらい働けますか?」とか「たまに残業できますか?」

「できます!、たまになら残業もOKです!頑張りま~すグー

 

会社はいい人材が欲しいので、求人広告でいい面をアピールキラキラ

応募者も採用されたいから、ちょっと背伸びしてアピールキラキラ

 

結果働きはじめて…

 

「たまに残業っていったけど、毎週残業があると思わなった…!

話が違うイラッ

 

「残業してくれるっていったのに、毎週はできないって話が違うガーン!」

あ、実はコレも聞いてません!

いやあのときいったよね?

お互い、険悪な雰囲気に…。

 

これをふせぐためにも労働条件通知書、 雇用契約書

を書面やメール等で渡す・もらうことは、

お互い大事だと思います。

 

「労働条件通知書」の内容は、ざっくり書くと

 

・労働契約の期間

・就業する場所・従事する仕事の内容

・始業時間とか休日とか賃金…などなどです。

 

働く方も安心して仕事をスタートできるし、

雇う方ものちのちの言った・言わないのトラブル回避になります。

そもそも労働条件の明示は企業の義務です!義務ということは

違反すると罰則があります

 

ちなみに、「労働契約」については、口頭でも成立する…って

きいたことあるでしょうか?

法律上は口約束でもOK!ってことなんですが

とはいえこちらも現実に口約束はトラブルの元です。

 

結婚の場合も「思ってのと違った…」てことはよくありますよね?

事前にいろいろ書面で確認できると…いんですけどね。

 

 

ぽってりフラワー参考

丸ブルー労働基準法第15条

使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、

労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。

 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、

労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

 

丸ブルー労働契約法6条

労働契約は、労働者が使用者に使用されて労働し、

使用者がこれに対して賃金を支払うことについて、

労働者及び使用者が合意することによって成立する。